« 中面の仕上げ3 | トップページ | はじめの一歩!その6 »

どうでもいいけど…2

実は、お昼休みに30分程、メタボ対策にウォーキングをしているんです。

もう、5~6年は歩いていると思います。

今日も、いつものコースを歩いていました。同じコースを歩いていれば当然、毎日同じ道を歩く訳で、そこには当然、日常的に起こる出来事があります。そのひとつが「犬に吠えられる」なんです。で、今日も日常的にいつも会う「吠える犬」に吠えられました。でも、いつもとは少しだけ違ったんです、吠えながら向かってくる犬は通常であれば、ある場所まで来ると「繋がれた綱」にテンションが加わるから止まるはず。ですよね、でも今日はテンションがかかった瞬間にその綱の元が「外れた…」んです。

面をくらったのはおいらよりも、そのいつも吠える犬。

「わんわんわんわん…」

“プッツ”

犬が一瞬「キョトン」としたんです。

その時の表情が異常に面白くて…

でも…そのまま。「散歩に行けるの…???」

とばかりに近くの電柱に…

これは「やばい…」。いつもの吠える憎たらしい犬が急に

かわいそうな犬になりそうな状況に

「これはいかん!」と変な使命感にかられ、放たれた綱を掴むと

その犬が「ん?散歩に連れて行ってくれるのか?」と言わんばかりの表情で

近づいてくるではないですか!!!

「ち!違う!」おいらはそんなつもりはないと

またその掴んだ縄を放してしまいました。

すると、そのまま、とき放たれた自由な風船のように

逆方向にいってしまうではありませんか!

これまた、やばいと思ってた瞬間、足がたまたまその縄を踏み、

戻ってきたのです…

「どっ、どうしよう…」と思うと同時に、その家のインターホンを

押していました。ほどなくして家の方が出てきて保護されました。

この間、わずか1分程度でしたが、アドベンチャ~気分を味わえました。

でも、また月曜も吠えられることでしょう。

それはそれで。どうでもいい話でした~

|

« 中面の仕上げ3 | トップページ | はじめの一歩!その6 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わはは 私もその気持ちなんとなく分かります・・・・
以前 マンションで猫を飼っていたときに、ベランダを越えて隣に行ったきり帰ってこなかったので、仕方なくチャイムを鳴らした記憶がありました^^;

投稿: べっち | 2008年2月17日 (日) 10時36分

べっちさん、こめんとありがとうございます。
笑~ですね。

でも、ほんと、ひるみますよ。

いつも犬に追いかけられる「のび太」の気持ちが分かったきがしました。(笑)

投稿: さんた | 2008年2月17日 (日) 11時38分

遅いコメントごめんなさいm(_ _)m
犬に噛まれなくて良かったですね!綱を持ってそのまま散歩に連れて行ったら、次回からは甘えた声で吠えるかも(^^)

投稿: エボ朗 | 2008年2月20日 (水) 21時51分

エボ朗さん、コメントありがとうございます!
そうです、かまれなくてよかったですよ。
でも、放たれた瞬間に噛む意識なし。でしたから。
その後、しっかりとつながれている犬を見ると
なんだか逆にかわいそうに見えるのもなんだかなぁ~
と思う自分も勝手ですよね…

投稿: さんた | 2008年2月21日 (木) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503608/40135914

この記事へのトラックバック一覧です: どうでもいいけど…2:

« 中面の仕上げ3 | トップページ | はじめの一歩!その6 »