« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

つぎつぎ…

0229 結局、なにも完成ままカービングだけを続けてついに2月も今日でおわってしまいます…なのにまた始めてしまいました。

講習会の1枚分だけは出来ましがいわゆる使用する製品は仕上がっていません。

それでもなお、打ち続ければ練習にはなるので続けよう…

来月は完成品をアップするぞ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

講習会のつづき3

022701 02272 02273

今日は昨日アップしたものよりも先に仕上がっていたものの仕上げをしました。といってもフィックスで先に色をのせたくない部分をコートして乾燥させ、その後タンコート(ブラウン)を刷り込んで水を含ませた布(白のボロTシャツの布)で拭き取るだけです。02274 フィックスが効いていると色がのりません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

講習会のつづき2

02261 もうすぐ完成です。

生意気にも今回のポイントだと思われる箇所を少し解説します。

02262 F891とF895はベベラのメッシュのない刻印です。花の構造によってメッシュを入れない表現に使うとよいみたいです。非常に密接しているときは陰影でなく凹凸だけで表現するってことでしょうか?(解説になってないし…)

この静物カーービングは非常に密集した中で、葉や茎、花が入り組んでいるので前後関係をとるのがすごく難しくて全然、うまく出来ませんでした、トホホ…

まだ、完成していないので完成までは集中していこう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

梅が見頃~

0223202231 02233_2 

外はすごい風でしたが近くにある梅園に行ってきました。見頃のようでたくさんのお花見見物の人がいました。すごくきれいでした。色も濃い赤にちかいピンク色の花やしろに黄色のコントラストの花やきれいなピンク色の花のものといろいろときれいに咲いていました。もちろん写真の奥の方に写っている屋台で「だんご」買ってしまったことは言うまでもありません。もうすぐ春です~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ありか?なしか?

0223 すべてではありませんが、時々仕上げに使っています。

革専用のスプレーだとどうしても色落ちや濡れる事で塗料が溶け出して衣類を汚すような気がして…

使いながら、用途に革とは書いてないので不安になりますが、使用中の財布、キーケースは何の問題もありません。(でも、少し革用でないことに罪悪感もあるのです…)

もし、勇気のある方がいたら試して感想聞かせてください。(ホームセンターに売っていると思います)

ちなみに表面はいずれは落ち着きますが

相当、ぴかぴかになります。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

講習会のつづき

0221 先回の講習会の作品で手をつけられないでいた「スノードロップ」に取り掛かりました。

早く「モノ」を作れ~…って感じなんですけど

打ってるのが楽しいので全然、作品ができません。

きっとおいらのことなので、慌てて…染料などを倒す、カットでミスる…なんてことがありそうなので…

やはり朝の30分だけでは染料を使うとか

広範囲を縫うなどの作業や裁断などができないので休みに集中してやろう!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

はじめの一歩!その7

0219 同時進行していたシェリダンが出来上がりました。今年初のちょっと複雑な柄だったので丁寧に仕上げることとあせらないことに注意して打ち切った感じです。

生意気に解説してる割にうまくない…と思われてもまだまだ初心者ですから~(汗)

でも、これで何が出来るかは未定なんです…

| | コメント (7) | トラックバック (0)

はじめの一歩!その6.75

02181 バリーキング仕様(笑)のB892です。

えぐるについてちょっと説明します(教わったとおり)。

花や葉のくぼんだところを先に「えぐり」打って

ベベラでつなげる程度でもいいとの話です。

02183

通常であればベベラでいっても

いいと思いますが、

「メリハリ」と言う意味では

あまり花や葉にメリハリがつかないということで、花びらと花びらの間を

極端に落として陰影をつけるのが目的ではないとか思います。

やらなければいけないかどうかは

分かりませんが愛読書「レザーカービング―革の彫刻と仕立て 」ではアンダーショットについて触れています。

02182 一番強いところは、これぐらいは入れていいみたいです。ただし革をやぶってしまったり、刻印を変形させてしまうことは十分注意してください。

生意気にも説明でした…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

はじめの一歩!その6.5

0217たてがみの打ち方です。

たぶんたくさんあると思いますが

今回は「P370」を組み合わせて

打っています。

初めの刻印と2つ目の刻印で

三角を作っていって…の繰り返しです。

刻印は同じ品番でも納期や時期によってまちまちらしいので、「こういう表現専用」に削って先をさらにとがらせて使うほうがよりタテガミらしくなるのかもしれません。

昨日も「えぐり」の刻印の話を先生としていて、おいらはB892を使っているんですけど、どうしても、シェリダンの花びらや葉の凹んだ部分がえぐりずらいと相談したら、「これをつかってみなさい。」と勧められたのがバリーキングの刻印でまだ品番の付いていない初期のモデル。これがなんともスムーズにえぐりが入るんです。そしてスムーズに抜けるんです。ということで即購入~といきたいところですが1本3990円もする刻印を即決で買える訳もなく、帰宅後、「B892」を削って「バリーキングもどき」にしたことは言うまでもありません…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

はじめの一歩!その6

0216_2 今日、教室に行ってきました。

初めて見せたのですが、やはり快く相談にたくさんのってもらえました。

うろこの部分のディティールや刻印のアドバイスをもらって手直ししました。中でもタテガミは以前アップしたものとは比較にならないほどヘアーコーディネイトいただきました。

相談の末、裏側に薄い皮を貼って

中に詰め物をして立体感をだすことにしたので、その分完成が先延ばしになりそうです。

でも、今年の「はじめの一歩」ですから、これぐらいしっかり時間をかけてもいいかなぁとはやる気持ちを抑えつつ、じっくりと取り組みたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

どうでもいいけど…2

実は、お昼休みに30分程、メタボ対策にウォーキングをしているんです。

もう、5~6年は歩いていると思います。

今日も、いつものコースを歩いていました。同じコースを歩いていれば当然、毎日同じ道を歩く訳で、そこには当然、日常的に起こる出来事があります。そのひとつが「犬に吠えられる」なんです。で、今日も日常的にいつも会う「吠える犬」に吠えられました。でも、いつもとは少しだけ違ったんです、吠えながら向かってくる犬は通常であれば、ある場所まで来ると「繋がれた綱」にテンションが加わるから止まるはず。ですよね、でも今日はテンションがかかった瞬間にその綱の元が「外れた…」んです。

面をくらったのはおいらよりも、そのいつも吠える犬。

「わんわんわんわん…」

“プッツ”

犬が一瞬「キョトン」としたんです。

その時の表情が異常に面白くて…

でも…そのまま。「散歩に行けるの…???」

とばかりに近くの電柱に…

これは「やばい…」。いつもの吠える憎たらしい犬が急に

かわいそうな犬になりそうな状況に

「これはいかん!」と変な使命感にかられ、放たれた綱を掴むと

その犬が「ん?散歩に連れて行ってくれるのか?」と言わんばかりの表情で

近づいてくるではないですか!!!

「ち!違う!」おいらはそんなつもりはないと

またその掴んだ縄を放してしまいました。

すると、そのまま、とき放たれた自由な風船のように

逆方向にいってしまうではありませんか!

これまた、やばいと思ってた瞬間、足がたまたまその縄を踏み、

戻ってきたのです…

「どっ、どうしよう…」と思うと同時に、その家のインターホンを

押していました。ほどなくして家の方が出てきて保護されました。

この間、わずか1分程度でしたが、アドベンチャ~気分を味わえました。

でも、また月曜も吠えられることでしょう。

それはそれで。どうでもいい話でした~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

中面の仕上げ3

0213中面の表革の仕上げには

「レザーコート・マット」を使っています。

あまり光沢を出したくないので

これをつかっていますが、たぶん、

仕上げ剤はたくさんの種類があると思います。

徐々に開拓するしかないようです。

中面の縫いが思いのほか、はかどらない…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

中面の仕上げ2

0213 昨日は「組合員」の皆様に非常に貴重な意見を頂き、あらためて皆さんの「こだわりと情熱★」を感じ、もっと頑張らねば!と決意新たに意欲が湧いています。

本当にありがとうございました!

とういうことで、小銭入れのファスナー部分を取り付けています。「マルチアングルバイス」で固定しています。

教室で見て欲しいなぁ~と思っていたころ、ホームセンターで発見して、値段が1000円!も安かったので即購入しました。自転車操業の革工房ですので、助かりました。

以来、縫いの時は大活躍です。以前、固定部分がゴムで出来ているので安心して縫っていたら縫い終わって外すと、思いっきりゴムの跡がついていた事があってそれ以来、革をはさむようにしています。

何事も失敗はあるものですが、ショック大きいんですよね~、どちらかというと完成に近い工程の分、縫いの頃の失敗って…

| | コメント (2) | トラックバック (1)

中面の仕上げ1

0212 中面には「トコノール」で毛羽立ちを抑えました。

ガラス板を使わずにやっていたのですがやはり

使うと使わないのでは雲泥の差が出るので今ではかならず使います。

ところでこの「トコノール」…

いつやるのが正解?

1.パーツカットした後?

2.パーツカットする前?

3.革購入後すぐ?

おいらの場合はカットしてからなんですけど、どうしてもヘリがとがるので違うのかな?と

思いながらコバ塗っています。初歩的な質問ですいません~(初心者ということでお許しを…)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

渥美半島「菜の花」を見に行く~

0211hana 昨日の天気が嘘のように、穏やかだった昨日。

毎年恒例の「菜の花」を見に行ってきました。

今年で7年目になります。

会場では「菜の花狩り」「あさりみそ汁の無料サービス」「足湯」「しし鍋の無料サービス」「地元野菜の特売」などでにぎわっていました。

あさりみそ汁に舌鼓をうちつつ、菜の花狩りを楽しみました。そこで、ローカルTVでとりあげられていた「いちご花火」なるものを発見!







早速購入~♪

0211ichigo 大き目のいちごに
チョコがトッピングしてあるだけ
なんですけどいちごがあまくて
意外とおいしかったですよ。









それを食べた後は伊良湖岬先端「恋路が浜」へ移動。




ここでは過去6年間なぜか食べようと思いつつなぜか食べられなかった
「大アサリ」をついにたべました。やっぱりおいしかった~。

0211koiji

0211kai










そして途中「日出の石門」に立ち寄り昼食。
その後「しらす」がおいしい「長栄」で「しらす」ではく、少し硬めで大きい「かえり」「かちり」を買って再び移動。

最終目的地「渥美たまご牧場」へ行きました。

0211tamago

0211tori

  鶏がいっぱいいます。

10個400円の卵でちょっと高いですが、

確かにおいしいです。

0211dacho1
0211dacho_2
「ダチョウ」もいます。

餌があげられるのでうかつにもはしゃいでしまうのです。

そして岐路に付きました。

もちろん夕食に「かちりとかえり入りのたまごかけごはん」を食べたことはゆうまでもありません。

疲れたけど楽しい1日でした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

パーツ準備完了~

0210 ようやく、龍のカービングも終わりに近づき、あとは教室で目の打ち方と仕上げを聞いたら、できあがりです。でも、龍を打つことも打っていることも相談していないのでいきなり聞いても大丈夫なのかなあ…と少し不安に思いつつ、それでも聞ける人がいることに改めて感謝です。

中身はサドル1mmと1.6mm、外側はタンローの1mmです。仕様的にはカービングが龍になるだけでホームページの「wallet.3」と同じです。

ただし、編みこみでなく、縫いですからコバの仕上げが心配ですぅ~

| | コメント (5) | トラックバック (0)

たぶん全国的に…

0209 たぶん、全国的に大雪かと思いますが、あえてアップします。もともと地元は比較的温暖な気候ですから、この時間から降り積もることはないんですけど…積もっています。

早速、

02091

やっちゃいました。

雪国ならばこんなことしないですよね…(苦笑)

と、思いながら

02092

もう一枚とっちゃいました。

明日の朝は、冷え込みそうです…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どうでもいいけど…

0207 昨日の朝、出勤しようとエンジンをかけたら、揃っていたのでつい撮影してしまいました。

なんかどうでもいいのに、うれしいのはなぜ?なんかいいことがありそうな予感~♪

は…激務に見事、粉砕されました。

でも、締め切りは明日!出口が見えてきたのでがんばります~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

はじめの一歩!その5

0206 ここまで進みました。でもまだまだ時間がかかりそうです。

今週は雑誌の締め切りで、残業続き。

朝の30分に癒してもらっています。

さあ、今日も忙しくなりそうなのでがんばりますかぁ~。

(おかげで先週のマッサージの倍、疲労蓄積中ですぅ…)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

工房へのご案内~

0204

前にも紹介しましたがこれが「納戸」の工房です。

両側たんすですが最高の空間です~

ここで何時間も作業をしているとストレスやら嫌なことやら忘れられます。

現実逃避部屋ともいうかも…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

刻印の品番…

0202 「龍」のほうが煮詰まったので。1月30日にアップしたカットを済ませたものを同時進行することにしました。

しかし!

この図案は教室の先生にコピーさせてもらったのですが、海外もので刻印品番が全然、見たことものないものばかり…S41、PB014、U857…たぶん、頭のアルファベットは大きく違うことはないと思うので完成図を元に適当な刻印で打とうか?それとも知っているシェリダンの方法で打とうか…

完成図は少し、自分の知るシェリダンとは違い、すこしメルヘンチック?というか、柔らかいイメージで仕上がっている。

さあどうしよう?

アウトラインのベベラとバックグランドを打ち終えるまでに決めることにしよう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

はじめの一歩!その4

昨晩、母が自宅で施術して頂いているマッサージの先生に「2000円分で」と無理を言って施術してもらったおかげで、気分よくお酒が飲めて、不覚にも今朝、ひさしぶりの二日酔いでした。0202 せっかく、背中の筋肉や筋も少し柔らかくなったので(のに?)、

お昼過ぎから2時間ほど、引き続きの「龍のカービング」に挑戦中しました。顔の周辺が出来てきたのでアップします。

さすがにここまでくるとSB-1~4では対応できませんね。凹凸をつけるのにP233や陰影をつけるのにA98やP370、ぼかしにF901を使いました。

しかし、体の表面の「ウロコというのか?」は数が数だけにまだまだ、苦戦しそうです。打っていて気づいたのは、体のうねりがこのウロコの流れで表現されているんだなぁ~ということです。分かったからうまく打てるものでもないでしょうが、シェリダンカービング同様この「流れ」を止めないで『躍動感』が表現できればいいなぁ~と思いますね。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

はじめの一歩!その3

0201 ここ1週間でようやくここまで打ちました。

さすがに朝の30分だと乗ってきたら終わり、の繰り返しです。

いまのところ、失敗していないので

このままま打ち切りたい!ところです。

今のところもまだ使用刻印はSB1~4までです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »