« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

体験教室開催しました~♪

07311

いよいよ、今日は150個のたてるくんを用意した「小学校での体験教室」でした。

昨年は穴を開けてるうちに終ってしまったので、今回は少しは触れ合いたいなぁ・・・

なんて思っていましたが、結局、受付で説明してたら終っちゃいました。(苦笑)

初めはやはりちょろちょろの入りでしたが、気づけば

07312

教室は満員御礼~♪

この教室は校区のバザー一環でスタンプラリーもかねてのの体験教室で、

他の部屋でも「竹とんぼつくり」など、楽しそうな体験が行われていましたよ。

スタンプラリーのおかげで時間より少し早めに150個はけてしまいました・・・(汗)

すると・・・先生が「去年の材料もあるので、少しできませんか・・・?」

ということで、

20名程度参加してもらって昨年の残りの床革で星とハートのパンチを入れたキーホルダー作りを急遽開催。

総計170名以上の子どもたちに革体験をしてもらえましたよ(^^)。

みんなスタンプラリーのスタンプをもらって笑顔で帰っていってくれたようでした。

07313

ちなみに支給されたハンコをお断りし、お友達に作ってもらったさんたの消しゴムハンコを使いましたよ!

このハンコは先生方に大反響でした♪

最後に先生から「みんなすごく楽しんで作っていましたよ!、今年は作った感がすごくあったみたいでしたよ。」

と聞き、「よかった~」と胸をなでおろしております。

さてさて、「来年も・・・」という言葉を何度か聞きましたが聞き流した、さんた。。。

ご依頼きたら、断れないよなぁ・・・と思うさんたなのでした・・・

ではでは、通常モードに入ります~♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

インレイ携帯ケース 完成~♪

07211

今回の携帯ケースの図案です。

パッと見は分からないかもしれませんが、フロント部分の方が大きくなっています。

今回の初の試みは「前面にふくらみを持たせて、携帯を収納しよう」です。

テストの紙の試作段階でできるかなぁ~と不安でした。

いろいろとパーツを揃えていき、いざ、合体!って段階でやっぱり無理か?(大汗)と

思いながら2枚の革をあわせていると・・・

07215

反り返った状態でぴったり合いました~♪

半分狙ったような、偶然できたような・・・(笑)

前面のパーツのインレイを多めにすることで革が弱くなって、そちら側に膨らみができることはわかったいたので合体できたらあとは編みこみをば・・・

そこでまた、プチトラブル・・・

通常前面に編みこみが見えるように編みこんでいくと、当然、折り返しからは編みこみの裏側が見えてくる・・・ウォレットとかの場合は左右対称なので編みこみの裏の部分が見えないんですけど、この携帯ケースの場合、

正面から見える編みこみが、途中から裏側になるんですよね・・・

そこで目立たない途中から切り返しにしてみました。

07213

ちょっぴりぼこぼこしてる折り目あたりから切り返しになっています。

そんなこんなで出来上がりがこちらです~

07212

じゃ~ん♪前置きが長すぎて感動薄っ・・・

07214 

いちおう、先記した通り、背面に携帯の膨らみが逃げず、その分、革が弱くなっているインレイ部分に負荷がかかりました~パチパチ~♪

ということで、おいらにとっては楽しい初挑戦が満載の携帯ケースでした♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

インレイ携帯ケース その2

0719

たてるくんの準備をしないと落ち着かないので先に済ませて、ようやく携帯ケースに戻りました。

今回のインレイ素材はPオースト(豚革)のグリーンです。

昨年のこの時期に仕入れたものの出番なく、今回採用となりました。

ラグに使用かと思ったのですが、黒にいつものラグはイメージが・・・(?)

でしたのでこちらを採用しました。

なかなか、よい取り合わせかと・・・(自画自賛~♪)

ということで、ここから一気に攻めたいと思います。

なでしこジャパン最高(^^)/!!!

関係ないですけど。。。がんばりますねん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たてるくん×150・・・

07181

07182

土曜に今回の体験教室を担当される先生と打ち合わせするタイミングがあって+αの話をしたところ。。。

「こっちのがかわいい~」言う生徒が多いのではないか・・・?

ということになりまして。。。

本当はその+αは去年のキーホルダーを再度!ってことだったんですけど?

・・・

ということで、たてるくん+50ってことになりました。

つまり。。。150ってことで。(大汗)

急遽、手元の革を切り出して、都合150用意しました~♪

しっぽも150です。。。

150×17のおかげで両手と両腕に微妙な疲れを残しましたが、それでもがんばった甲斐もあるかと。。。

期待して教室にのぞみたいと思います~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たてるくん×100

0717

兄の知り合いに高級なカバンやバッグを作る工場を切り盛りされてる方がみえて、その方のご好意でとってもリーズナブルに32cm×2cmのパーツをいろいろな革で切り出して頂きました♪

いわゆる老舗の工場ですから、お世辞にも広くてキレイとはいえませんが(ごめんなさい・・・)、でもでもクラフターの端くれのおいらにとっては夢の工場でした!無造作に置かれたいろいろな製品を作るためのパンチの型、革すきの機械、広い作業台、ドデカイ専用のカット台、いろいろな種類の革、かわ、カワ・・・

見せていただいた製品は、いわゆる高級品としてデパートに卸されるものばかり・・・

やはり、本職の方は違いますね♪

それでも、手縫いのクラフターもそれはそれでがんばっていかないと!と改めて決意を固め、

「たてるくん」の下作業!16個の穴×100本!

子どもの笑顔にはかえられないっす!がんばります!

あ・・・

しっぽもあった。

17×100です。

心が折れないうちにがんばりますねん。。。(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

インレイ携帯ケース その1

0715_3

奥様ご使用の携帯ケースがあまりにも適当に作っていたのでクレームが入り、時間も余裕が少ししできたのでコツコツとはじめています。

それでも、「好きなようにつくっていいよ。」と言われ、好みなどを確認しながらでもなくこんな感じですよ、、、と報告しながら作っています。

身内の場合は基本、楽しむことのみで作りますので~気長にお付き合い願えたらと思います。

あっ!月末のクラフト教室は~「たてるくん100本+α」に決まりました。

そんな報告もまたしますねん。

お楽しみに~♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

たてるくん その2

07081

さてさて、ここからは組み立てに入ります。

まずは、一番下の写真にあるボルトの頭とナットを好きな色にぬります。

ちなみにボルトは頭が3mmで長さが50mmです。

そして、、上の写真のように折り込みながら順番に穴に通していきます。

07082

それで最後に作っておいた尻尾をはさみ、ナットで止めます。外れないようにボンドでくっつけてしまってもいいです。

07083

これで胴体ができあがりました。

ここからは何にするかは自由ですが、いつもどおりの犬にしましょう。

07084

目と口はマジックで描いてしまいましょう。

耳も書いてもいいと思いますが、今回は黒い革の端切れで作りました。

そいつをボンドでひっつけて完成です。

07085

耳のアレンジで楽しくも出来ます。

いろんな色で好きにつけられますし、いろんな動物のアレンジに挑戦してみては?

ミドリで塗ってけむしはおすすめです~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たてるくん~その1

0706

先日会った友人から「たてるくん」のお情けの注文をもらい、ひさしぶりに作っています。

1mm~1.5mm程度厚の革を2cm程度の幅で32cmの長さに切ります。

1cm目に穴を開けて、ここから2cmのピッチで穴をあけていきます。

それが、現在の状態。。。

ここにボルトを通していきます。

その前に、好きな色に染めていきます~♪

ご注文は「あか」「きいろ」です。

派手なたてるくんができそうです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソライロコインケース~♪

0702

さんたの定番~♪コインケース。

今回は空色です。

とはいえ、革色の黄色も入るので「エメラルドグリーン」って感じですね。

それでも、これはこれでとってもいい色です。

鮮やかな色でカラーリングすることがとっても多いさんたさんですが、これはこれで本当に楽しいですね。

結局、気づけば無難な色合いにまとめがち・・・というのもなかなかカービングを施した革に染色や着色をするのは勇気がいるものなんです。カラーリングの失敗は取り返しがつかないですし、カービングした時間を考えると単純にその努力が・・・・(大汗)などと尻の穴の小さなことを言っているとなかなかこんな色で染めようとはおもわないのがへなちょこクラフター「さんた」の真骨頂・・・

ということで~こんなカラーリングのご注文、また~お待ちしております♪

ご依頼主様が気に入っていただけると信じて、納品させていただきます(^^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »