« さんた逃亡・・・ | トップページ | ワンポイント名刺入れ完成~♪ »

裏地の代償・・・

0628

初めのころはどうしようかと迷って二つ折りにして両面で止めた後に縫い合わせたりしてました。

裏地を貼ることによってどうしても出てしまうコバとの納まり問題・・・

革レースで編みこむ場合はさほど気にならないのですが、やはり糸での手縫いの場合、コバとの相性は迷うものです。
そこでさんたでは、こんな風に回避しております。

たぶん、もっとステキな方法があると思うのですが、これしか思いつかないまま何年も経過中・・・

どうしても出てしまう革のハギレを5~7mm幅程度に切り出してあっちの接合面とこっちの接合面の間に入れて縫います。しっかり接着しないと大惨事になりますが、きっちり納まればキレイなコバに仕上がります。
もちろん、このハギレの床を少しだけ漉くと納まりがさらにキレイになります。

まあ、こんな細かい作業も楽しいものです・・・

さてさて、ちゃちゃ!っと縫いますねん。

|

« さんた逃亡・・・ | トップページ | ワンポイント名刺入れ完成~♪ »

レザークラフト」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ^^
確かに貼り合わせのコバについては難しい問題ですよね。
同じ系統やヌメ豚などでしたらそのままでもコバが磨けていいのですが、それ以外だと、さんたさんの様なやり方か、革漉き機を持っていたら均等に縁返しをして縫う事が出来ますよね。

完成まで楽しみにしていますので頑張って下さいね^^

投稿: べっち | 2012年6月30日 (土) 19時03分

べっちさん、コメントありがとうございます。
そうですね、機械があればそれもありですね。
それでも仕上がりの感じからいくとこちらのほうが、コバ仕上がりにこだわるときっと好きなのかもしれないです。
それでも革を織り込むタイプもできたらやってみたいと思います。助言ありがとうございます~♪

投稿: さんた | 2012年7月 2日 (月) 14時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503608/55072650

この記事へのトラックバック一覧です: 裏地の代償・・・:

« さんた逃亡・・・ | トップページ | ワンポイント名刺入れ完成~♪ »