« アンティークという処理~携帯ケースのりペア | トップページ | 名刺入れの製作 その1 »

携帯ケースのりペア

01
ストレスのかかりやすい箇所にはトラブルはつきもの。
今回も携帯を2個入れるケースの負荷のかかる部分が破れかけていました。
あと麻糸が全体的に擦れてしまい縫い目が解けてしまっていました。

その画像を撮り忘れるとこが、さんたですもの(汗)

で、なんだかんだと細工してリペア完了です♬

02_2

まっ、普通なんですけどね(^^;)

中はダブルに収納できる構造になっています。
04

右が前回のパーツです。
左がリペアされた携帯ケース。ストレスのかかりやすいパーツをやめて、裏面全体で携帯の重量をカバー、ハトメ部分には薄いアルミシールを仕込みました。これである程度のストレスは分散できるはず♬
03

ちょっと手を入れたアンティーク仕上げも、使い古した革とマッチして、うまく擬エイジングされているかと思います〜♬
05

なんてことでリペア楽しかった〜

早く新作・・・頑張りますねん♬

|

« アンティークという処理~携帯ケースのりペア | トップページ | 名刺入れの製作 その1 »

レザークラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503608/66703616

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯ケースのりペア:

« アンティークという処理~携帯ケースのりペア | トップページ | 名刺入れの製作 その1 »