« 2018年7月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年9月

ミドルウォレットの巻 その4

01
2度塗りしたウォレットチェーンが乾燥しました。しっかり色が入りました。
やはり、『橙』は2度塗りが必要なようです。もともと、薄い色合いなのでやむをえないというところですね。

0
予想はしていましたが、昨日塗ったパーツの革も少し、塗りムラが目立ちます。
2度塗りすると落ち着くと思いますので、目指す色合いに向け重ね塗りです〜♪

04
今日は、黒の染色。こちらは何度か使ったことのある色ですので安心です(^^)
橙と決定的に違うのを、わかりやすく表現すると水性と油性のマジックのような違いです。
黒の場合、1度の染色で2度3度とハケを走らせると色がしっかり入っていく印象があります。
橙はハケが通り過ぎた後に、色は乗ったように見えますが時間の経過とともに部分的に薄くなっていきます。
表面に染料が飽和状態になり、革の床面から水分が抜けていき表面に沈着している感じという表現が近いかもしれません。

さてさて〜近いうちに塗料を再購入して(いつ行けるかしら(ToT))橙色を攻略しますねん。
急いでもいいことないので、さんたのペースで進めます〜

がんばりますねん♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミドルウォレットの巻 その3

Img_7211
昨日仕込んでおいたチェーンを乾燥させました。

が・・・

全然、染まってないし(T.T)

バッチクはバチッと染まるというのは撤回です。
今まで、黒などの濃い色のものは使ってましたが、基本はクラフト染料でしたので、ま・さ・かって感じです。

黒はバッチリですが、橙(オレンジ)はイマイチのようです(^^;)

Img_7212
ということで、気を取り直して他のパーツとともに再染色です!

塗ってみた印象は『クラフト染料』と同じです。こうなれば、勝手慣れたもの、どんどん塗り進めていきます。
しかし、染まりが悪いかも?という印象に・・・
というのもクラフト染料は水で薄めているのですが、バチックは原液のまま塗ってみましたが、色の特性かノリが悪いかな〜と。5回ぐらい塗り重ねてようやく色が入り始めるような感じです。クラフト染料とは少し違いますが、そこはないなりの経験値で塗っていきます。

Img_7213_3
そんなこんなでパーツを塗り進めていきます。革自体を部分的に違うものを使っているので、どちらも均等に塗り進めるのは勘に頼るしかないようです。

Img_7214
作業が終わり、乾燥。

この感じだと、もう一回塗り重ねないと思うような色は出ないかもと思えるほど、うすい…
とりあえず、乾燥を待って判断しますね。

ひさびさの朝活復活に朝からフルスロットルのさんたさんなのです(^^)

がんばりますねん。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミドルウォレットの巻 その2

革の採寸を取りつつ、革を染める作業に移っています。全てのパーツをおおよそで革に記しました。かなりのパーツ量ですので、染めてからカットするようにして万が一の予備の染色もしていきます。
そして手始めは先日切り出したチェーンの染色。
Img4
今回はばバチックという染料で染めてきます。クラフトに比べるとバッチっと色が入ると言う印象の染料です。
細いパーツなので漬け込みで染めます。ある程度色が入ると重ね塗りしない限り濃くならないので、チェーンの場合はこの方法を採用しています。

Img5
約18時間程度の漬け込みでも綺麗に染まります。もちろん、色が入らないところもありますが、編み込みするチェーンなのでさほど気にならないものです。

この先、天気が悪い日が続くので、染めるのにちょっと迷いますね・・・からっとしてるとしっかり乾くのでムラになりにくいような気もしますが様子を見ながら進めます〜。
頑張りますねん(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

革工房さんた再始動~ミドルウォレットの巻 その1~

Wallet_img
さてさて、ひさしぶりのご依頼に心ときめいております。その一方で手が震えているのはなぜ~~
なんて言ってもぶりぶりすぎのご依頼に緊張していまする。

01
今回は初挑戦の「ミドルウォレット」。構造も何もわかりませんが、そこはそ~さんたの大してない経験とネットの画像を頼りに…


02
型紙を作りつつ、縫いの工程の確認・・・
あ~あ"ぁ・・・よくもまあこんな複雑な手縫いを考えたものです。どうやら思った通り、一筋縄ではいきそうもありません。。。


03
ということで・・・はやる気持ちをごまかしつつ、時間を有効に・・・まずはウォレットチェーンの切り出し。
ひさしぶりに対峙するヌメ革ちゃん。仕入れたままで開いていなかったのですが、わぁ~きれい。
多少のシボはあるもののこれは上質です(^^)

04
メーター超えの革の切り出しはやっぱり気持ちのいいもの・・・
ひさしぶりの朝活にやっぱりこころワクワクするさんたさんなのです(^^)

ゆっくり、ゆっくりがんばりますねん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年12月 »